読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog@kittanosaka

旅や日常を工夫して、面白く楽しく生きる人へ。

1日を50円で売る東大生を予約したので、依頼内容を本気で考える

 

f:id:kittanosaka:20160806004517p:plain

かつてないほど人類が肥大している現在。

日本人口は平成28年7月1日現在で1億2669万人らしい。

 

そんな中、自分の個性を世に光らせるってめちゃ難しい。

難しいというか、奥深い。光ったと思ったら埋もれる。

 

1万人に1人の存在になっても、そんな人間1万人いるわけで。

 

そしたら、アイドルは可愛いだけじゃ売れないし、

ラーメン屋だってふつうに「うまい」だけじゃ足りない。

 

なにか、もう一歩、前へ進む爆弾が必要である。

 

 

1日を50円で売る東大生を見つけた

www.ryosuke-takano.net

 

はじめて見つけた時に、「その手があったか!」と思った。

1時間1000円でおっさんを貸し出す「おっさんレンタル」(テレビでも話題)

というサービスより遥かに破格。1時間50円じゃないし、1日だし。

 

気づいたらメッセージ打ってて、すぐに返信が来た。

無事に日程が決まって、詳細の依頼内容を考えることになった。 

 

私の考える、東大生に依頼してみたいことリスト

①一緒に富士山に登りましょう

f:id:kittanosaka:20160806082526p:plain

    • 出発地:富士スバルライン五合目(標高2305m)
    • 標高差:約1450m
    • 往復の距離:約14km
    • 所要時間:登り:6時間10分 下り:3時間30分
    • 剣ヶ峰往復:+1時間30分

話題性はそれなりにあって、きついけど勿論記憶に残るでしょう。

別に登山部でもないのに、初対面の東大生とその場で富士山に登りだす

なんて字面見ただけで面白そう。わくわくはする。

 

②東大を案内してください

f:id:kittanosaka:20160806083152p:plain

やっぱり、無難どころだとこれかな。

東大生に案内してもらう意味もありありだし。

だけど、斬新さは皆無。

 

③花火大会で一緒にナンパしましょう

f:id:kittanosaka:20160806101517p:plain

 季節柄花火大会に困ることはないでしょう。

東大生と一緒なら、女の子に声もかけやすい?

 

④シンプルに話をしましょう

f:id:kittanosaka:20160806122056p:plain

よく考えなくても、じっくり話をするだけでためになりそう。

何かにとりつかれたように「何かしなきゃ!」と思うこともないか。

取りあえず会って、話をするということに意味はあるのかも。 

 

 

東大生に会いに行くか、会いに来てもらうか

1日50円の東大生、りょーすけさんは、交通費を出せば大阪まで来てくれる。

自分の移動コストと来てもらう金銭コストは一緒で、あとは移動時間の投資。

来てもらったほうが楽は楽。

 

だけど東京に行ったら、ご無沙汰な方に会えるかもだし

同じお金はろうて来てもらうなら、行ったほうがええんじゃ?

 

会いに行こう。

 

会いに行く…か…

 

「すごい人に、飛び込みで会いに行く」

 これだ!!依頼内容は、これにしよう!!

 

りょーすけさんも、勿論東大生で、最高学府ですごい。

だから、その東大生に、「すごい人に会いに行きましょう一緒に!」

ってよく考えたらとっても失礼かもしれないごめんなさい。

 

だけど、これしかない!これだ!!

 

 「What's すごい人?」というのは、東大生と話し合って決める。

お互いが熱意をもって「会いたい!」という人でないと、情熱は持てない。

心が震える。

 

というわけで、お盆明けに東大生とすごい人探しして来ます

 冒頭に話を(無理やり)戻すと、

 

アイドル=かわいい

ラーメン屋=うまい

東大生=かしこい

 

この一点突破ではなく、

 

アイドル=かわいい×探検家

ラーメン屋=うまい×ましまし

東大生=かしこい×1日50円

 

のようにうまく特徴をかけあわせて、

自分のレア度を高めることができる。

 

それは工夫とアイデアと、あとはやる気次第。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする